プロフィール

ツレオ

Author:ツレオ
ネットワーク対戦麻雀MJ5をプレイしています。

 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月末恒例原点祭り!その3

今日は原点祭り最終日!

タイムテーブルが始まる数時間前からアドアーズ銀座に居座り、半Aの野試合でウォーミングアップを図る。
ぶっちぎりのトップもあったが、別の試合で子の12翻の手に振ってしまうなど、まだ調整に不安は残る。


そんなこんなで、PM6:30が到来した。
今日こそは全力を出して、結果はともかく悔いの残らない試合がしたい。
そんなことを考えながら、時計に合わせて画面をスキップする。
さて・・・
CDSC00378.jpg
よし、バッチリ原点となった。

東場は対面の方がリード。南1局、自分の先制リーチに、親の上家の方がかなり押してくる。
反撃が怖かったが、あふれたドラソバの4索に、自分と下家の雷が2本落ちる!
上家の方にとって不運にも、そこで試合は終了。3人浮き2着で、球はプラス3個。


次は7:10の回!
CDSC00380.jpg
この試合も原点。
東1局、下家の方のピンズの仕掛けに自分は牌を絞らずにいたところ、チンイツのアガリを許し、それが発端で勢いがついたのか、その後も快調にアガリを重ねられてしまう。
さらには、対面の方の跳満ツモを自分が親かぶりしたり。
自分の役牌ドラ3の手は華麗に蹴られ、結局自分は焼き鳥。2人沈みラスの、マイナス6個・・・


気を取り直して、次!7:50の回!
CDSC00382.jpg
あれま、2人球戦になってしまう。
スキップボタンを押すタイミングが早かったようだ。

この2人球戦、相手の方の南場の親連荘で完全に勝負が決まる。
もうほとんどなすすべなく、3着1着で2個負け・・・


今日もここまで球が減りまくりだが、いやいやまだまだ!8:30の回!
CDSC00384.jpg
よし。原点攻防戦になった。
時報の時刻より、1、2秒タイミングを遅らせた方が、原点攻防戦が発生しやすいようだ。

対面の方の勢いがすさまじく、南1局までぶっちぎられる。
そこまで自分の手はまったく実らず、焼き鳥のまま点棒は12000点ほどの状態。
南2局の親番に、ようやく原点浮上の光がさすようなテンパイ。リーチから親満のアガリが決まる!
1本場、ドラの白ポンから他家を飛ばし、2着浮上。
3人浮き2着のプラス3個!


このまま上昇気流に乗りたいところ。9:10の回!
CDSC00386.jpg
上家にはPC巣鴨から接続の、おいっ鬼太郎!!さんが!

東場は比較的小場で推移。
南1局に自分の先制リーチも、おいっ鬼太郎!!さんの親満に刺さり、ラスに転落してしまう。
その後も、喰いタン赤5単騎の満貫にささったりで、自分はもう虫の息。

そしてオーラス。他の2人の方は原点付近なので、展開次第では自分の1人沈みもありえる・・・
大ピンチだったが、ここで、おいっ鬼太郎!!さんのダメ押しの倍満ツモ!
一気に3人沈みに。自分にとっては不幸中の幸いではあった。マイナス4個。


さて残るタイムテーブルはあと2回。9:50の回!
CDSC00388.jpg
今度も原点!
対面の、俺<妻さんが専用チャットを仕込んでくださってました!
ありがとうございます。

試合の途中まで自分がかなりリードしていたものの、南場の自分の親番で、俺<妻さんの跳満ツモを親かぶりして逆転されてしまい、そこからはあまり点棒も動かずフィニッシュ。
2人浮き2着の、プラス3個!


そして、いよいよ今月の原点祭りもオーラスに。10:30の回!
CDSC00391.jpg
上家に、今月の認定雀士のG線上のもねら氏。そして下家に、いさ^▽^氏が。
ブロガー対決として、ここは負けられないところ!

東1局から、認定雀士のチートイツ倍満のアガリが飛び出し、波乱の幕開けとなった。
南場では、自分のリーチ裏3のインチキ満貫から、徐々に認定雀士に点棒が追いつく。
そして迎えたオーラス。
自分のリーチ中ドラ1の手に、いさ^▽^氏の手からアタリ牌となる1索がこぼれ、逆転トップ!
2人浮きトップの、プラス6個!



これで、原点祭りの全日程が終了した。

幻球数の収支では、
 初日、+18個
 2日目、-12個
 最終日、+3個
トータルで、+9個の結果となった。


思えば十数試合あった対局の間、もう、ずーーーと必死だった。

対戦者の皆様も、真剣さが画面越しにはっきりと伝わってきていた。
原点攻防戦は、4人全員の損得関係が一致していて、4人全員が超真剣に激突するところに、次元の高い面白さがあるのだろうなあ、と思う。

・・・と、適当に締めてみる。


対戦いただいた皆様、まことにありがとうございました!


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+113
平均SCORE:+7.06

順位情報
1位回数:5
2位回数:5
3位回数:2
4位回数:4
平均順位:2.31

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:20.16%
ツモアガリ率:42.31%
振込み率:11.63%
鳴き率:31.01%

プレイ局数:129局

鬼神
×98 → ×101
スポンサーサイト

月末恒例原点祭り!その2

今日もヒリヒリする勝負を求めて、というよりも幻球大量獲得にすっかり味をしめて、6時30分から原点祭りに参戦!

原点祭りの初回タイムテーブル直前に店に着く。
ウォーミングアップはしていないが大丈夫かなあ、とは思いつつ、いざ今日の初戦!
CDSC00370.jpg
原点にはならず3人球戦。
しかし偶然にも争奪相手は、どちらもぷりモール宝島所属のお2人!

・・・と、テンションが上がったのはいいのだが、こちらの大物手がまったく実らず、小場のまま自分は焼き鳥で終了。
トップは昇龍の方だったが、2着のヤルカツさんに幻球2個献上となった。


次は、7:10の回!
CDSC00372.jpg
原点発生!

この試合は、東1局、上家の$明日香$さんに、自分が親のイッツードラ1を振り込む。
これが引き金となり、その後3本場まで親の連荘を許し、60000点オーバーとなってしまう。

そして4本場。自分が満貫テンパイを果たすも、ドラ表示牌の4索を掴んでしまう。
頼む通して!と念じてツモ切るが、やっぱり親満カンチャン待ちにヒット・・・

ここで自分のトビ。他家の2人の方は納得のいかない試合だったかもしれません。
4個マイナス。


幻球が104個まで減って、鬼神降段戦となる次戦、7:50の回!
CDSC00374.jpg
またも原点攻防戦!
原点から点棒が沈むだけで降段となる、非常に厳しい条件の戦いとなる。

そんな大事な試合なのに、なんとここでも焼き鳥・・・

手なりでアガリに向かえる配牌ツモはなかなか入ってこず、他家の試合回しも絶妙で、全然スピードが追いつかない。
アガリのチャンスもあったが、他家のアタリ牌を掴んでしまい、これを止めることができなかった。
2人沈みのラス。マイナス6個。


昨日、魔神に昇段したばかりなのに、あっという間に鬼神に逆戻りとなってしまった。


鬼神に落ちるということ自体は構わないのだが、ここまでの3半荘すべて焼き鳥ラスであったことにダメージを受け、完璧に心折れてしまった。

まだ原点祭りのタイムテーブルは4回残っているが、この後冷静な打牌ができる自信がなくなったので、負けを取り戻したい気持ちをグッと堪えて、ここで終了とした。


原点祭り最終日も一応参加するつもりではあるのだが、この調子ではいったいどうなることやら。


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:-128
平均SCORE:-42.67

順位情報
1位回数:0
2位回数:0
3位回数:0
4位回数:3
平均順位:4.00

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:0.00%
ツモアガリ率:0.00%
振込み率:21.74%
鳴き率:39.13%

プレイ局数:23局

魔神 → 鬼神
×110 → ×98

月末恒例原点祭り!

今月のプロリーグも閉幕。
ということは、ハイリスクハイリターンという言葉を具現化した、あの戦いの時期となった。

そう。ご存じ、月末恒例原点祭りの開幕である!


可能であれば初回のタイムテーブルであるPM6:30から参加したかったのだが、仕事が片付かず、アドアーズ銀座に着いたのがPM7:40くらいだった。
もうタイムテーブルは2回過ぎてしまったが、なあに、まだ5回も原点攻防戦の機会が残っている。


プロリーグ昇格の配球2個を受け取り、緑球92個に。
時計を見ながら、7:50にあわせてリーグ成績画面をスキップ。

そして・・・
CDSC00353.jpg
さっそく原点攻防戦発生!
しかも下家に、おいっ鬼太郎!!さんがいるではないか!
「ボーナスキャラです♪」とかチャットを出していたけれど、それはないないw

東場はあまり点棒は動かず、南1局。
自分がタンピンイーペードラドラをテンパイ。思い切って曲げたところ、ツモってウラウラの倍満に!
その後上家の方にトップを許してしまって、2人浮きで迎えたオーラス。
沈んでいた、おいっ鬼太郎!!さんが、満貫をツモって浮きに転じ、フィニッシュとなった。
3人浮き2着で、プラス3個!


次戦、8:10の回!
CDSC00355.jpg
認定経験者ばかりの、すさまじいメンツに囲まれる。

意外な方から「ブログ見てます」チャットをいただいて、かなり恐縮してしまった。
どうせ過疎ブログだからと、いつも好き勝手書いてるけれど、見てる人は見てるんですねえ。

この試合は、絶好の跳満イーシャンテンまではいくのに他家に安く蹴られてしまう、そんな局が続き、敗戦パターンにハマったと思われた。

しかし、ラス目で迎えた南3局。
白が暗刻、發ポンの、高め大三元だけど、そうは見えない感じでテンパイ!
そして・・・
CDSC00356.jpg

うおおおおおー!!!
原点攻防戦で、ラス目の状態からの役満和了は、マジに震えた。

あとでリプレイを見たけれど、あの中は下家の方の手牌から絶好の赤5引きで押し出された牌だった。
まぐれとしか言いようがない2人浮きトップで、プラス6個!


幻球が100個を突破した次戦。9:10の回!
CDSC00359.jpg
今度も原点攻防戦!

東場は上家の方に勢いがあったが、南場にはなぜか自分に風が吹く。
南2局の自分の親で、メンタンピン系の手をツモ!ウラウラの8000オール!
逆転して大きく抜け出し、そのまま無事対戦終了。
2人浮きトップのプラス6個!


ついに幻球が107個。魔神昇段ボーダーが108個なので、次が原点攻防戦ならば、点棒が原点から浮くだけで魔神となる。
その大事な一戦となる、9:50の回!
CDSC00361.jpg
またも原点攻防戦発生!
なんと偶然にも、他家の3人すべて北海道のベテランプレイヤーだ。

この試合も自分の勢いが止まらず。
手なりで自然にアガリを重ね、オーラス突入時に自分の1人浮き状態。
親テンパイ流局を挟んだ1本場で、タンヤオドラ3の満貫をツモってフィニッシュ。

最高の結果となる1人浮き達成!幻球9個Gets!

そしてそして・・・
CDSC00363.jpg
先月に鬼神になったばかりなのに、意外と早く魔神に昇段!!!


今日1日で緑球が26個増えた計算であり、もう満足ではあるのだが、せっかくなので本日最終回の10:30も続行!
CDSC00364.jpg
この試合ではさすがに勢いが止まった。
オーラス20800点から浮きへの望みを賭けてリーチを放つも、逆に親満に刺さり、終了。
無念の2人沈みラス。マイナス6個。


最後だけは負けたが、今日1日でリーグ配球2個と、原点で18個プラスの、計20個の幻球をゲット!
どうみても出来過ぎな結果に、店を出たあともしばらくは気分が高揚したままだった・・・


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+140
平均SCORE:+28.0

順位情報
1位回数:3
2位回数:1
3位回数:0
4位回数:1
平均順位:1.80

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:15.25%
ツモアガリ率:44.44%
振込み率:13.56%
鳴き率:25.42%

プレイ局数:59局

鬼神 → 魔神
×90 → ×110

MJと行動経済学?

もうプロリーグは昇格も出てしまっているし、球戦を追う以外にプロリに残る理由はあまりない。
それならばと、今日はモード選択画面で半Aのアイコンをタッチ。

月末恒例の、あのイベントの予行演習のつもりであるため、トップを狙うより配給原点を割らないことを重視して打つ。

・・・

原点浮き2回、原点沈み3回。
おいおい、こんな調子で大丈夫なのかよ。

今日の最終戦が24900点持ちで終了だったことに、この週末に待ち受ける波乱の暗示のようなものを感じてならないのだった・・・




いつもと話題を変えてみる。


MJで調子がよく順調に勝つ日なのに、そこそこ満足いく勝ち幅になったら、なんとなくそこで今日はプレイをやめてしまった。そんな経験はないだろうか。
特にクラス昇格直後の球数が少ない時点では、数個の勝ち越しでプレイを切り上げているのではないか。
(別に悪いことではないのだが。)

あるいは不調の日に、負けた分を今日中に取り返そうと、とっくに集中力も切れているのに必死にプレイを続けてしまう。これもよくあるのではないか。


聞きかじりの知識で恐縮なのだが、経済学と心理学を融合した「行動経済学」という学問分野では、例えばプレイを続けてしまう・やめてしまうなどといった意思決定が、どのような条件下でどのように下されるのかについて、さまざまな研究がなされているらしい。

2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンらが創始した、プロスペクト理論というものが、この分野では有名とされている。
以下、Wikipediaの「プロスペクト理論」の項目からの引用である。

プロスペクト理論は、たとえばファイナンスにおける意思決定など、人々がリスクを伴う選択肢の間でどのように意思決定をするかを記述する。個人が損失と利得をどのように評価するのかを、経験的事実から出発して記述する理論である。なお、最初の定式化において"prospect"(期待、予想、見通し)という語は宝くじから来ている。

例えば、以下の二つの質問について考えてみよう。

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
 選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
 選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
 選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
 選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。


この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向があるということである。

質問1の場合は、50%の確率で何も手に入らないというリスクを回避し、100%の確率で確実に100万円を手に入れようとしていると考えられる。また、質問2の場合は、100%の確率で確実に100万円を支払うという損失を回避し、50%の確率で支払いを免除されようとしていると考えられる。

プロスペクト理論とは、このような心理的傾向を考慮した意思決定論などを指す。



つまり、せっかく獲得した幻球がなくなってしまうリスクを避けるのも、あるいは失った幻球を取り戻すためにMJに没頭してしまうのも、自然な心理的行動なのである。


それに加えて。
コイントスのように、結果がプレイヤーの意志と全く関係ないゲームであっても、このような心理的傾向を示すのに、麻雀のようにプレイヤーが冷静にならないと失点期待値ばかり大きくなってしまうゲームの場合、相乗効果でどのようなことになるか・・・


MJで手痛い負けを食らってしまってアツくなりそうなとき、このことを想起しましょう。
幻球が大激減してしまうことが、ちょっとは無くなると思います。



本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:-9
平均SCORE:-1.8

順位情報
1位回数:1
2位回数:2
3位回数:1
4位回数:1
平均順位:2.40

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:16.36%
ツモアガリ率:22.22%
振込み率:18.18%
鳴き率:25.45%

プレイ局数:55局

鬼神
×90

一夜限りの肩書き

今日の空き時間に、ワクワクしながらMJ.netをチェック・・・

おっ!ようやくこの肩書きをゲット!

 半荘戦プロリーグ49位

今月のプロリは好調なうえに、平日も結構打てる時間があったからねえ。
数ある肩書きの中でも、このプロリ系の肩書きが好みなので、さっそく装着することにした。

CDSC00351.jpg

しかしこの肩書きを装着できるのも、(今月では)今日が最初で最後となった・・・

月間ランキング上位を目指すべく、半プロに突入したのだが、


初戦、ラス・・・

次戦、3着・・・

次戦、ラス・・・

「テメーの確変は終わりだ!グッフェッフェッフェ」というセガの声が、私には聞こえたような。

ともかく半プロの続行は危険だと悟った。
せっかくの半プロランキングの肩書きが一夜限りで消えてしまうが、もうここはあきらめよう。

しかしまだやる気はあったので、戦場を換えることに。
ということで雀荘モードに突入。
もう未練がましくプロリーグ肩書きを掲げるのも、この時点でやめてしまった。



雀荘モードS闘技場の初戦では、上家と下家が知り合いらしく、チャット合戦を繰り広げていたのに、東1局で自分が対面のリーチにダイブして、まったく空気を読まずに自爆・・・

(「ブログ見てます」のチャットも出ていたけれど、自分に向けられたものなのか確信が持てず、反応できませんでした。見てたらすみません。)


次戦も、渾身の三面待ちリーチを放つも、他家のドラカンチャンに刺さって死亡。
これはさすがに、相当な深刻度だ。
もう今日は何をやってもダメだろう。

打ちひしがれる自分の目前に、いつの間にか達成していた店舗内ミッションの宝箱が開かれる・・・

出てきたアイテムは・・・


♪get out of labyrinth

きょ、今日のところは、このアイテムで勘弁しておいてやるぞ!


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:-226
平均SCORE:-45.2

順位情報
1位回数:0
2位回数:0
3位回数:1
4位回数:4
平均順位:3.80

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:4.76%
ツモアガリ率:100.00%
振込み率:16.67%
鳴き率:30.95%

プレイ局数:42局

鬼神
×90

歌舞伎町に潜入せよ

今日はかねてより気になっていた、歌舞伎町の某店舗に突撃することにした。

というのも、1店舗だけ異常に高段位者のマイ店舗登録が多い店があるのだ。
これはきっと、行かないとわからない何かがあるに違いない。


雨が降りしきる中、歌舞伎町を歩き、その店舗に到着。
そしてMJのセンターモニターに目をやると、このような掲示物が貼ってあるのを発見。

CDSC00349a.jpg
(一部画像を加工しています)

ははーん!
そういうことか!!
そりゃ多くの人がマイ店舗登録するわなあ。
いっそ自分も、マイ店舗登録をこの店に移動しちゃおうかなw


さて、せっかくなので歌舞伎町価格で半プロを堪能する。

最初、非球戦だが、南場で自分がダントツ目なのに、オーラス間際に他家に振りまくってトップを逃がすという、非常に恥ずかしい対局があった・・・
後ろで見ている人がいないか、気になってしまうくらい恥ずかしかった。

しかし、そんな調子であっても半プロのリーグスコアが伸びていき、昇格スコアとなる+88.1に無事到達!
これで、ノルマからは解放されて、まったりと対局に励むことができる。


そして球戦発生!
CDSC00341.jpg

3人球戦か。
下家の方もたしか一時期神クラスではなかったか?
一歩間違うと原点攻防戦になっていたかもしれないな。

そして、なんとこの対局、自分の1人沈みで終了・・・
幻球を3個抜かれたが、もしこれが原点攻防戦だったら恐ろしいことになっていたなあ。


次戦、上家だった方とサシの球戦。
ここでも焼き鳥でいいところなく2個負け・・・


さらに数試合後、昨日にもマッチした、剃刀◆清風さんと今日もマッチ。
東場で、相手の親を蹴るつもりの自分の鳴きが、逆に親跳ツモを誘発し、この試合も2個負け・・・

あああああ、一気に球が7個減ってしまった!!

しかし、ここからやっと席が暖まりだす。
剃刀◆清風さんとの連戦2戦目では、先制リーチを何度か食らうものの、不運にも自分の追っかけに次々と刺さってくれて、3個抜き。
昨日からの勝敗が、これでチャラになった。


そして、渋谷接続の雷神の方相手の試合でも、自分の倍満ツモが決まってリードを奪い、そのまま逃げ切り。2個勝ち!


ということで、今日は球戦がマイナス2個、そして水槽でプラス1個としたので、結局は1個マイナス。
でもリーグ昇格が出たから、まあよしとしよう。


さて、明日から28日までは、まったりできる。
半プロに打ち込んで月間スコア50位以内を目指すか、雀荘モードで収支を伸ばすか、しばらくは気分次第といったところか。


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+219
平均SCORE:+16.85

順位情報
1位回数:5
2位回数:4
3位回数:1
4位回数:3
平均順位:2.15

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:27.34%
ツモアガリ率:47.37%
振込み率:12.95%
鳴き率:33.81%

プレイ局数:139局

鬼神
×91 → ×90

目標は周回遅れ回避

昼からPC巣鴨に。

まだ12時半というのに、20サテの半分以上がすでに埋まっている。
みなさん頑張ってるなーとか独り言をつぶやきつつ、両隣が非喫煙者の席があったので、迷わずその席に座る。
私はタバコは一切吸わないのだ。


さてさて、初戦から球戦。兵庫2位の鬼神の方。
脇の賢者が開幕に「球戦がんばってください」などとチャットをいれるのに、七段氏の早い親跳ツモにはウザチャを出しやがる。萎え。
その七段氏はもう先行させることにして、自分は必死に2着をキープ。2個取り!


次は、舐めダルマ一家(打撃系一家の二軍らしい)のエース、剃刀◆清風さんとマッチ。
たしかMJ3での球戦で負けていたので、リベンジマッチとなる。
しかし、シーソーゲームだったものの、南1局で脇の人が飛んだ時点で3着2着。1個負け。


次の球戦は福岡の雷神の方。
相手の方が脇のリーチに刺さったりで一人沈み、残る3人でトップ争いの状況。
オーラス、3着目の自分の親リーチに対して、相手が無スジの赤もドラも叩ききっての、渾身の4位確定アガリ。
被害を最小限にするためとはいえ、大きく沈んでいるところからの果敢な攻めを目の当たりにして、おちおち安心できなかった。
一応、+1個。


今日最後の球戦は、香川の雷神の方。
南1局で、脇Aが1500点しかなく飛びそうなのに、相手に6000点リードを許している状況。
この大事な局面で、いい手が入らない・・・
ちょっと苦しかったが、ここでなんと相手が脇Bの満貫に刺さってくれる。
試合展開が自分向きになった次局、自分の満ツモでフィニッシュ!1個ゲット。


他に水槽で+1個として、今日の収支は+4個!なかなかのいい結果だった。



そういえば、一時は不動のようにも思えた、公式モード全国1位が入れ替わっていたなあ。
まあ、自分にしてみれば雲の上の話なんですけどね。

しかし!実は、最近の自分の目標は、全国1位の球数なのである!

・・・

・・・いや、いまから全国1位に追いつくという話ではなく、全国1位の紫球の数よりも、自分の緑球が下回らないこと!
これが目標なのである。

そうじゃないと、クラス1つ分「周回遅れ」になってしまうわけで。

そして、いずれは全国1位と球戦やりたいなあ・・・
いやしかし、そのためにクリアすべきハードルは、高いんだよなあ・・・


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+109
平均SCORE:+9.08

順位情報
1位回数:3
2位回数:5
3位回数:2
4位回数:2
平均順位:2.25

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:24.62%
ツモアガリ率:34.38%
振込み率:10.00%
鳴き率:30.77%

プレイ局数:130局

鬼神
×87 → ×91

S1復帰&プロリーグ4週目

今月の半荘戦プロリーグも、ついに最終週。

MJ.netで行動範囲内の店舗の混雑度をチェックすると、めずらしくディンドン上野店がガラ空きであった。
4サテしかないうえに、財布にやさしいディンドン価格であるので、仕事帰りに寄ろうとしても大抵満席なのだ。
しかし今日は空いているということならば、ここに突撃するしかないだろう。


まずはカードを差し、S2リーグからS1リーグへの昇格画面を眺める。
配球2個ゲットして、幻球が86個に。


今日は半荘戦10試合をこなすことができた。
そして球戦は1回だけ。

相手は、第6期幻球王であるのに、球数6個の風神の方。
どうやら最近かなり球を減らしているのであろう。
そして下降線をたどり始めると、とことんドツボにハマるのがMJである。

この試合も、相手の方の攻撃の手数は多かったものの、自分のインチキ倍満ツモなどで寄り切り。
1個勝ち!


他の非球戦は、波に乗り切れそうで乗り切れず。
10試合目を2着以上でS1レベルアップが出そうであったが、くだらない振り込みからラスってしまったため、昇格はお預け。

+63.5の維持スコアは出たので、まずは一安心。
明日以降もプロリに突撃予定だけれど、リーグ維持が出ていれば、やめたい時にやめられるから、精神的な負担が軽いというものだ。


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+127
平均SCORE:+12.7

順位情報
1位回数:4
2位回数:2
3位回数:1
4位回数:3
平均順位:2.30

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:25.49%
ツモアガリ率:46.15%
振込み率:11.76%
鳴き率:36.27%

プレイ局数:102局

鬼神
×84 → ×87

二翻役を選べ

最近はたまたま仕事が閑散期のため、残業はそこそこに上野アメ横の店舗に寄り道し、半プロを5試合だけプレイ。

球戦はなくすべて非球戦で、結果は1着1回、2着4回。
好調ではあるのだが、あまり勝った気分にもならないまま、今日はさっさと終了。

水槽で球が1個増えて、84個に。
84個も球があるなら、1個の増減など大したことはないように思えるかもしれないが、球が1個増減するだけで全国公式モードランキングでの位置がそれなりに変わってしまうため、たとえ1個であってもやっぱり重要なのだ。



その後、Answer×Answer2を数クレだけプレイ。それもまったりと。

とある試合での多答積み重ねクイズで、「麻雀で二翻役となるものを選べ」という問題が出題される!

選択肢として、「連風牌」、「ダブルリーチ」、「混老頭」、「大三元」などが10個並んでいて、正解となる選択肢をなるべく多くタッチ。正答数が対戦者より多ければ得点となる。

当然、こんな簡単な問題を自分がハズすわけがない。
他の人もパーフェクトに決まっているだろう・・・
と思いきや意外や意外、パーフェクトは自分だけ。

麻雀のルールなんて、普段打たないにせよ、たいていの人が知っているものと思い込んでいたが、実はそうでもないんだな。
・・・いや、むしろ自分が世間ズレしているだけなのだろうな。


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+95
平均SCORE:+19.0

順位情報
1位回数:1
2位回数:4
3位回数:0
4位回数:0
平均順位:1.80

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:25.49%
ツモアガリ率:38.46%
振込み率:11.76%
鳴き率:25.49%

プレイ局数:51局

鬼神
×83 → ×84

巣鴨王位

PC巣鴨に到着すると、鎌倉もうるくんがゴキゲンな感じでMJをプレイしている。


本人は直接口にしないのだが、某目玉のおやじ氏のリークによると、プレイシティキャロット巣鴨店の公式モード1位の座に、かなり強く固執しているらしい。

今まで長い間、もうるくんが1位、自分が2位の位置を保っていたが、先日の幻球バトルや倍戦6個取りなどで自分が追い上げて、球数を抜いてしまっていた。

そして今日、もうるくんのプレイ画面を覗くと、球数を抜き返されているではないか!
なるほど、ゴキゲンなのはそういうことか・・・!


こうなったら、尻に火をつけてあげざるを得ないだろう。
ということで、自分も半プロ開始!


ちなみに雀荘モードのマイ店舗1位は、長い間なぜか自分だったのだが、先日他の人が雀荘モード1位の座についたようだ。
まあロクに雀荘モードをやらない自分よりも、頑張っている人が1位の方がふさわしいだろう。
見た感じ若い人みたいだし、これからも頑張っていただきたいと思う。



今日はいつもより球戦多めで4回。
全部西日本勢が相手であった。


初戦は、相手がリーチを打つも脇の追っかけリーチに刺さりまくっていて、いつもの自分を見ているようだった。+2個!


次戦は、南3局までリードも、こちらのリーチに相手が突っ張り、ハイテイで掴んでしまった赤5で球相手に跳満を振ってしまう。ノーーーッ!!
結局-1個。


次に山口の非オリネの風神の方。
オーラスで脇がトップ目、相手が2着、自分3着、しかし点差はわずか。
自分の1索・白待ち先制リーチも、相手の追っかけリーチ!
このリーチ合戦、アガったほうが+2個、負ければ-2個!

お願い!誰でもいいから出して!!!

このドキドキが球戦の醍醐味のひとつであることは間違いないだろう。
そして、こういう状況に自分はことごとく弱く、相手のツモアガリで、ジエンド。-2個。


今日のシメは広島の鬼神氏。
お互い順調にアガっていたが、東4局の脇のリーチに相手が押して、跳満に刺さってくれる。
南場は大きな動きがないまま終了。+2個!


今日の収支は+1個。
まあ球が増えて帰ることになったのでよし。
以上!


本日の戦績

SCORE情報
変動SCORE:+56
平均SCORE:+7.0

順位情報
1位回数:1
2位回数:5
3位回数:2
4位回数:0
平均順位:2.13

アガリ/振込み/鳴き情報
アガリ率:24.00%
ツモアガリ率:27.78%
振込み率:12.00%
鳴き率:33.33%

プレイ局数:75局

鬼神
×82 → ×83

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。